【柴崎岳】真価を見せろ、天才MF!超プレー集 Gaku Shibasaki The History Of Genius.

【人気動画】

柴崎 岳(しばさき がく、1992年5月28日 – )は、青森県出身のプロサッカー選手。ヘタフェ所属。ポジションはMF(ボランチ/攻撃的MF/左サイドハーフ)

プロ入り前は地元の野辺地SSSへ参加し、サッカーを始めた。小学6年の時に県大会優勝に貢献するなど、早くから名が知られる存在だった。
高校は青森山田高校に入学し、司令塔として背番号10を背負う。リオ五輪代表GK櫛引政敏らと共に、第88回全国高等学校サッカー選手権大会で準優勝。当時の黒田剛監督は「一人だけ次元が違った。小学生なのにあれだけ周りが見えていて、プレーに変化をつけることが出来る」と絶賛している。
大会後、高校2年生の時点で鹿島アントラーズと仮契約。

2011年Jリーグデビュー、2012年ヤングプレーヤー賞、2014年ベストイレブン受賞。
2016年12月18日、クラブ杯決勝で欧州王者レアル・マドリードと対決。試合は敗れるも柴崎は2得点をあげて世界中の注目を集めた。イギリス紙は彼を「日本のアンドレス・イニエスタ」と評し、この活躍からスペイン移籍が急浮上した。
2017年、スペイン2部テネリフェへ移籍。序盤は環境に苦しんだが、適応後は持ち前のサッカーセンスを披露。チームを昇格プレーオフ決勝に導くも、1部昇格は叶わなかった。
2017年7月17日、プレーオフ決勝で敗れた相手ヘタフェに完全移籍。背番号10を背負う。
9月16日、バルセロナ戦で豪快なボレーシュートをぶち込みリーガ初得点。これでレアルとバルセロナの両クラブから得点を奪った初の日本人となった。

プレースタイルは現代的プレイメーカー、中盤で攻撃を指揮する。西野ジャパンでは4231のボランチ、ヘタフェでは442のボランチを主に担当。
最大の武器はキラーパス。一瞬の隙をつくスルーパスやするどいクロスでチャンスを演出し、特にカウンター時のワンタッチパスは神業。いつ前線を確認したのか驚くほどのタイミングと精度である。2018ロシア大会では彼のキックから乾貴士、原口元気の得点が生まれている。
左足の技術も充分で、レアル・マドリード戦とバルセロナ戦で見事なゴラッソを突き刺し、テネリフェ時代のプレーオフ決勝第2戦でも左足のクロスで一矢を報いた。

弱点としてはフィジカル面で、特に守備の強度やスピード不足が目立つ。代表では長谷部誠が彼のサポートに回りうまく機能したが、ヘタフェの442ではボランチにより個の強さが求められ、サイドでは1対1のスピードが要求される。
どちらも柴崎のプレースタイルとは合致せず、今後も出場機会が得られるかは微妙な状況である。

Music Raven Kreyn – Biscuit / Vanze – Survive / Kasger – Highland / John Kenza – Rebirth.