【長友佑都】ガラタサライ移籍!! 長友佑都 超プレー集 Thank Yuto Nagatomo Best Skills

【人気動画】

長友 佑都(ながとも ゆうと、1986年9月12日 – )は、愛媛県西条市出身のプロサッカー選手。トルコ1部・ガラタサライ所属。ポジションはディフェンダー(サイドバック)。日本代表。妻はタレントの平愛梨。

スポーツ一家の第二子として生まれ、母方の祖父は第1回小倉競輪出走者である元競輪選手の吉田達雄。達雄の弟で同じく元競輪選手の吉田実は大叔父にあたる。父方の祖父は明治大学出身の元ラガーマン。
小学1年生でサッカーを始め、西条市立北中学校で恩師の井上博に出会う。この時期の走り込みにより豊富な運動量のベースが作られた。
2002年、サッカーの強豪東福岡高校に進学。2年生時に1ボランチとしてレギュラー入りしたが、全国的には無名だった。
2005年、明治大学サッカー部入部。フィジカルの強さ、走力を評価され右サイドバックに転向。しかし椎間板ヘルニアを発症し、スタンドで応援する日々が続いた。サッカーができないストレスでパチンコなどに溺れてしまうが、実姉や同窓生の叱咤で乗り越えたと語っている。
このころから、椎間板安定の為に腰周りの体幹筋を鍛え始めた。復帰後3試合ほどで監督が「別格」と評するほどのプレーを見せるようになったという。
2007年3月、FC東京との練習試合で原博実監督(当時)の目に留まり、すぐに特別指定選手としてFC東京の練習に参加。
2008年、サッカー部を退学してFC東京と正式契約。決断理由として「女手一人で3兄弟を育てる母に楽をさせたかった」ことを挙げている。

2010年7月14日、クラブと日本代表での活躍が評価され、セリエA昇格組のACチェゼーナに期限付き移籍。左サイドバックの主力として活躍した。
2011年1月31日、移籍金約2億円でチェゼーナへ完全移籍し、すぐさまチャンピオンズリーグ王者インテルに期限付き移籍。契約完了は期限ぎりぎりの瞬間で、長友と交換でチェゼーナにトレード送りされるダビデ・サントンは、なんとか残留しようと最後まで交渉を続けていた。
同シーズンのチャンピオンズリーグ準々決勝では、内田篤人が所属するシャルケ04と対戦。初の日本人対決となったが、チームは敗退。
2011-12シーズン、5年契約でインテルに完全移籍。7年間に渡って名門の両サイドを支える選手として愛されてきた。ヴェスレイ・スナイデルやハビエル・サネッティなど、ともにプレーした名選手は数知れず。特にアントニオ・カッサーノは長友との相性が抜群であり、彼自身も長友を「最高のサイドバック」と評している。

2018年1月31日、シュペルリガ(トルコ1部)のガラタサライは、インテルから長友佑都をレンタル移籍で獲得したことを発表。『スカイ』などの報道によると、レンタル料は70万ユーロ(約9500万円)で、買い取りオプションはつかない模様。

同日、長友は自身の公式Twitterで「今日でインテル丸7年。2011年1月31日にインテルからオファーがあり、電撃移籍したのを思い出す。感謝の想いで胸がいっぱいです。ありがとう」と古巣への感謝を綴った。

Music Tobu – Sound of Goodbye / K391 – Dream of Something Sweet / Love U.