【人気動画】大迫勇也 ガチで半端ない超ゴール集 Yuya OSAKO Hanpanai Skills

【人気動画】

大迫 勇也(おおさこ ゆうや、1990年5月18日 – )は、鹿児島県加世田市万世(現南さつま市)出身のプロサッカー選手。ブンデスリーガ・ヴェルダー・ブレーメン所属。日本代表。ポジションはフォワード。全国高等学校サッカー選手権大会における最多得点記録保持者。

3歳から加世田市(現南さつま市)の万世サッカースポーツ少年団でサッカーを始め、主にトップ下でプレーしていた。鹿児島育英館中学校へ進学、そのころFWに転向する。
鹿児島城西高校では1年からレギュラーで活躍し、高校入学と同時にU-16日本代表にも選出された。
2008年、第87回全国高等学校サッカー選手権大会では初戦から大会史上初の4試合連続2得点。最終的に10ゴール10アシストを記録し、第82回大会の平山相太(国見)が持つ個人最多得点記録(9得点)を塗りかえた。決勝は広島皆実に2-3で敗れた。
当時の大迫は『オールラウンドな超高校級FW』として別格の存在感を放ち、彼にやりたい放題された滝川第二の選手は「大迫半端ないって!後ろ向きのボールめっちゃトラップするもん!そんなんでききんやんふつー!」と彼を絶賛した。

2009年、Jリーグの鹿島アントラーズに入団。当時のスカウトは「元日本代表FW柳沢敦以来の衝撃」と評した。高卒ルーキーとしてその柳沢と並ぶ6ゴールを記録。5シーズンで173試合57ゴールをあげた。
2014年1月6日、ドイツ2部1860ミュンヘンに完全移籍。15試合6ゴール3アシストを記録。
2014年6月5日、2部での活躍が評価されドイツ1部ケルンに移籍。すぐに定着し28試合3ゴール。
2015-16シーズン、チーム事情で出場機会を失い、ポジションもトップ下やサイドハーフを担当することになる。25試合1ゴール、メディアからは「ホームシックで退団希望」と報じられるなど不本意なシーズンだった。
2016-17シーズン、大型FWアントニー・モデストと2トップを形成。彼が最前線に立ち、後ろのスペースを大迫が活用する連携がハマった。モデストは15ゴール、大迫は7ゴール6アシストを記録。最終節には大迫自身がケルン初のヨーロッパリーグ出場権を勝ち取るゴールをあげた。
2017-18シーズン、モデストが中国リーグの天津権健に移籍。ケルンは開幕から低迷、大迫は25試合4ゴールをあげるが最下位で2部降格が決定した。
2018-19シーズン、ドイツ1部ヴェルダー・ブレーメンに移籍。移籍金は約8億円。

日本代表としては33試合出場8ゴールを記録。
2013年7月、ザックジャパンの欧州遠征オランダ戦で1ゴール1アシストを記録。2点目のゴールは内田篤人、本田圭佑らがからんだ代表史上に残る美しい連携だった。
2018年6月19日、2018ロシア大会初戦のコロンビア戦に出場。決勝点となるヘディングゴールを流し込み、大金星の立役者となった。

Music Sunset Surf / Atiium – Wherever / Electro – Light – Flashback.

参考映像 videos

https://www.youtube.com/watch?v=wqv0F7VsFeMほか