J1鳥栖のF・トーレス選手が引退会見「ベストに到達できていない」現役ラストマッチは8.23神戸戦

サガン鳥栖の元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスが23日、東京都内で現役引退会見に出席した。

2018年にアトレティコ・マドリーから鳥栖入りしたF・トーレスは21日、「エキサイティングな18年間を過ごした後、僕のフットボールキャリアの幕を閉じる時が来た」と現役引退を表明。そして23日、引退会見に出席したF・トーレスは、「私はサッカー選手としての人生を引退します。ラストマッチは8月23日のヴィッセル神戸戦です」と、明治安田生命J1リーグ第24節、ホームでのヴィッセル神戸戦が自身の引退試合になることを明かした。

また、その理由としては「古くからの友人であるイニエスタとの直接対決を、それを日本でできるということで決めました。神戸には友人でW杯を共に戦ったダビド・ビジャもいます。最後の試合で自分ができることを尽くしながらやりたいと思います」と話した。

<参照:GOAL

サッカーの元スペイン代表でJ1サガン鳥栖に所属するFWフェルナンド・トーレス選手(35)が23日午前、東京都内で引退会見を行った。

■チャンネル登録はこちら

■THE PAGE(ザ・ページ) – 気になるニュースをわかりやすく

#thepage_jp
#記者会見
#サガン鳥栖