【久保建英】FC東京最高の状態でA代表へ!17歳ラストゲームで2発

「しっかりと代表に繋げていければ」

FC東京は、1日に行われた明治安田生命J1リーグ第14節で大分トリニータと対戦し、3-1で勝利。試合後、2ゴールを挙げたMF久保建英がフラッシュインタビューに応じた。

前節のセレッソ大阪戦で今シーズンのリーグ戦初黒星を喫した首位FC東京。しかし、大分との上位対決では、30分にDF室屋成のクロスに合わせたMF橋本拳人がヘディングで先制点を奪取し、39分にも久保がボックス内左からシュートを放ってリードを広げる。後半に入ると、59分に大分FWオナイウ阿道に1点を返されたものの、試合終了間際の91分に大分陣内中央付近まで出ていたGK高木駿をショートカウンターの流れのなかで久保がかわし、無人のゴールに自身の2点目を流し込んだ。

久保は試合終了後、フラッシュインタビューのなかでリポーターから2ゴールを祝われると「ありがとうございます」と落ち着いた口ぶりで一言。さらに、ホーム3戦連発を記録できている要因に関しては、「サポーターって良いですね。力になります」と、ホームスタジアムを沸かせた。

(参照:GOAL)

J1 第14節 FC東京3−1大分トリニータ
※手動で1080pに設定してお楽しみください。