【U-20杯】イタリア vs 日本 U-20ワールドカップ スコアレスドロー

イタリアとスコアレスで2位通過!

U-20ワールドカップポーランド大会のグループステージの3試合目が29日に行われ、日本代表はイタリア代表と対戦した。

日本にとって決勝トーナメント進出をかけた重要な一戦。連勝中のイタリアと戦った。日本は西川潤や三國ケネディエブスが大会初先発となった。イタリアはターンオーバーを敢行している。

試合は両チームに次々チャンスが訪れる展開に。序盤、オウンゴールの機会を乗り越えた日本は田川亨介がエリア内で倒され、PKを獲得する。キッカーは伊藤洋輝だったが、ゴール右下へのシュートはGKマルコ・カルネセッキに止められる。

さらに、田川が抜け出し、シュートを放つが、再びGKに阻まれてしまう。また、田川はこのプレーで負傷し、交代を余儀なくされる。

後半はイタリアペースに。カウンターを受けるが、GK若原智哉が冷静にしのいでスコアレスドローで終了。日本は1勝2分けと、グループステージ無敗で2位通過を決めた。

(参照:GOAL)

U-20ワールドカップ・グループリーグ第3戦が行なわれ、U-20日本代表はB組首位の座を賭けて強豪イタリアと対戦した。