【久保建英】3得点に絡む。FC東京 3-1 鹿島アントラーズ。J1リーグ 第7節

FC東京3-1鹿島アントラーズ。久保建英3得点に絡む。J1リーグ 第7節
J1リーグは4月14日、各地で7節の7試合を開催。味の素スタジアムでは、FC東京対鹿島アントラーズの一戦が行なわれ、FC東京が3対1で勝利を収めた。

 試合はFC東京が絶好のスタートを切る。高い位置からのプレッシャーで鹿島を押し込み、左右への大きな展開で揺さぶると、開始5分に先制。左サイドから小川諒也のクロスに永井謙佑が頭で合わせてネットを揺らす。FC東京が早くも鹿島をリードする。

 さらにFC東京は16分、自陣に押し込む鹿島の背後を突く。ボール奪取から久保建英がタイミングよくカウンターを発動するパスを供給すると、これを受けた永井が前方のスペースに走り込むD・オリヴェイラへ。鹿島DF町田浩樹をかわしたD・オリヴェイラは、冷静にゴールへ流し込み、FC東京が2点目を奪った。

 FC東京は、29分にも久保建英が起点となった自陣からのロングカウンターで追加点。久保からの浮き球のパスをうまく処理したD・オリヴェイラが相手DFふたりをかわしてGK曽ケ端準と1対1に。これをD・オリヴェイラがゴール左に決めて、前半でFC東京が3点のリードを奪った。

 後半立ち上がり、久保がレオ・シルバと衝突。目の周辺を気にするような仕草でいったんピッチの外へ出るも、すぐにプレーに復帰したが、その後67分に大森晃太郎と交代している。

 鹿島は55分、レオ・シルバが鮮やかなミドルシュートを突き刺し、2点差に迫る。その後も、主導権を握った鹿島が敵陣に押し込む時間帯が続いたが、決め手を欠きゴールネットを揺らせない。

 結局、試合は3対1でタイムアップ。FC東京が鹿島を破り、試合終了時点で暫定トップに立った。FC東京は次節、前節終了時で首位のサンフレッチェ広島と対戦する。広島は今節、16時からヴィッセル神戸と対戦する。
#FC東京
#鹿島アントラーズ
#J1リーグ