【吉田麻也】バイシクルからアシスト!サウサンプトン-ウルブズ ハイライト

プレミアリーグ第34節が13日に行われ、サウサンプトンとウルヴァーハンプトン・ワンダラーズ(ウルヴス)が対戦。ホームのサウサンプトンが3-1で勝利を収めた。吉田麻也は先発フル出場を果たしてアシストを記録した。

試合は2分、サウサンプトンが先制する。ジョシュ・シムズが右サイドをドリブルで突破するとグラウンダー性のクロスをゴール前に供給。これをネイサン・レドモンドが押し込み先制に成功する。

 27分、ウルヴスが右CKを得ると、ジョアン・モウティーニョがクロスを上げる。ウィリー・ボリーが直接ヘディングで押し込み、ウルヴスは同点に追いついた。

 勝ち越したいサウサンプトンは30分、レドモンドが相手DFの裏に抜けてダニー・イングスのスルーパスを受け取る。レドモンドはGKとの1対1の場面で冷静に決めて、サウサンプトンはすぐさま勝ち越しに成功。

 後半に入ると71分にサウサンプトンが左CKを獲得する。ジェームズ・ウォード・プラウズがボールを中に上げると、こぼれ球に反応した吉田麻也がオーバーヘッドでシュート。このシュートを相手選手に弾かれると、吉田はペナルティエリア右でフリーになっていたシェーン・ロングにパス。ロングは右足を振り抜いてゴール左に押し込み、サウサンプトンは追加点を得る。

 試合はこのまま終了してサウサンプトンは3-1で勝利した。吉田は今シーズン初アシストを記録して、チームの2試合ぶりの勝利に貢献。サウサンプトンは勝ち点を「36」に伸ばして残留へ大きく前進した。