【香川真司】終了間際に劇的決勝弾!途中出場で大仕事、ベジクタシュの勝利に貢献

香川真司、終了間際に劇的決勝弾!途中出場で大仕事、ベジクタシュの勝利に貢献
香川真司が復帰した森保ジャパンにファンの期待高まる!
途中出場で歓喜をもたらす。
 現地時間3月9日、トルコのシュペル・リギの第25節が行なわれ、3位のベジクタシュはホームで5位のコンヤスポルと対戦した。

【動画】香川の劇的な決勝ゴールはこちら!

 前節のカイセリスポル戦を鼠径部の怪我で欠場した香川真司が、2試合ぶりのピッチに立ったのは74分。2-1とリードした状況で、先制点をマークしたアデム・リャイッチと代わってトップ下に入った。

 しかし、この交代で隙を生まれたのか、直後に縦パス一本でDFラインの裏を衝かれ、同点に追いつかれてしまう。

 勝ち越しを狙うベシクタシュの攻撃を牽引したのが香川だった。77分にエリア内でパスを受け、決定機を迎えるも、これはシュートはGKの正面を突いてセーブされてしまう。

 81分には、左サイドから持ち上がり、左足で絶妙なピンポントクロスを送るも、リカルド・カレスマのボレーは枠を外れる。その4分後には、今度はカレスマのクロスに香川が頭で飛び込む。しかしGKが一瞬先に弾き出し、シュートには持ち込めない。

 
 2-2のドローで終わるかと思われた後半アディショナルタイム、ついに歓喜の瞬間が訪れる。香川でドリブルで持ち込み、DFをかわして左足を一閃。劇的な決勝ゴールを叩き出したのだ。

 途中出場の23番がベシクタシュに3試合ぶりの勝点3をもたらしたのだった。