【香川真司】2戦連発ならずもトップ下で存在感。ベシクタシュが逃げ切り9試合負けなし

【新着動画】

香川は久々の先発出場で勝利に貢献した。
ベシクタシュ1-0ギョズテペ
 トルコ・スーパーリーグの第26節が16日に行われ、日本代表MF香川真司の所属するベシクタシュはホームでギョズテペに1-0で勝利した。ベシクタシュは2連勝。香川加入後は5勝2分となった。

 スコアが動いたのは後半に入ってからだった。ベシクタシュはカウンターから右サイドに展開されたボールをMFリカルド・クアレスマが折り返すと、FWブラク・ユルマズがヘディングで合わせる。後半が始まってわずか30秒ちょっとでの先制劇となった。

 前節、途中出場して終了間際に劇的な決勝点を決めた香川は、3試合ぶりの先発出場。得点に絡むことこそなかったが、積極的にシュートを放つなど、存在感を発揮。後半45分までプレーした。

 痛めていた鼠径部の影響も問題なさそう。香川はこの後、昨夏のロシアワールドカップ以来となる日本代表で国際親善試合を戦うために帰国の途に就く。